タグ:犬のしつけ・行動 ( 5 ) タグの人気記事

ハニー達の取り説

留守中、ケージにいれていますか?

今回、ご質問があったので我が家の考え方。
ハニー達の取り説から お答えします。
そんな大それたものあるのか~(笑)←ないで~す!

実は留守中、ケージに入れていた頃がありました。そう過去形なんです。
阪神淡路大震災時にニュースなどクレート訓練の再認識をし躾けをしたんですが。。。


留守中、落雷によるエアコンの停止で熱中症になり亡くなる事故や
急用で帰れず、ケージ内で脱水をおこし倒れた。(お水をこぼしたらしい)など
周りで悲しい事件があり
考えを見直しました。


我が家の場合は 帰れない何かがあった時に見に来てくれる人がいない。
南からの日差しがキツイ事、更に
最悪をいつも考える心配性な私の性格から、今は完全フリーにしています。

エアコンの部屋と寒かったら逃げれる部屋を開けて行きます。
寒いに関しては 毛布などを置いて対処できますが
暑いは逃げようがないので 温度の工夫が必要ですよね。
最近は地震もあるので エアコンが停止したらという事も
頭の片隅を置く、必要もあるかと思います。

あれこれ考えて出かけるのですが
帰宅してケージの中を触ると、ほんわか温かいので
そこで良い子してるんだと思います。

あと1つ、我が家のルール。お風呂場は閉める。
これは猫のあーちゃんへの対策。
蓋があると思ったのか?飛びこみ溺れた事がある。
こんな風に、それぞれの家庭で ワンコやニャンコへの心配りは変わると思います。

家にいても、ケージ内で大人しくしてようね~っと
あえて出さない練習は今もしています。
ただ、、、ハニーはサンちゃんはいなくなってから ゲージで一人で待てないんです。
これは 困ったもんです。


我が家は こんな感じで過ごしています♪


 
[PR]
by eshop-sunday | 2016-06-10 14:06 | 犬の行動 しつけ

新規モデル

c0131616_08520096.jpg

新規専属モデルが…。。。
なんてこった。

笑わない!

おやつ上乗せで、再交渉してみます。
足元見てるなぁ。。。(笑)


何事も最初が肝心だから。はにまる

[PR]
by eshop-sunday | 2015-06-12 08:45 | 犬の行動 しつけ

輝き

10代から 20代初めにかけ
私は太宰治にハマり いわゆる太宰熱(←こう呼ぶらしい)に侵されました。
全作品に留まることなく。
文中にでるチェーホフ、桜の園や 井伏鱒二、坂口安吾、芥川龍之介と
彼をを取り巻く作品に興味を持ち読み漁り、いよいよ 読みものが無くなると、
今度は回想文を書いている奥様や御令嬢、評論家などの作品。
太宰熱に侵されたというエッセイストの青木雨彦へと
その勢いは治まる事がありませんでした。
どれほど、古本屋に通ったことか。

そんな彼らの時代もまた、私には とても魅力的で
深夜に集まり『今の日本について』熱く語る。
語った所で戯言に過ぎないにしても、
皆 自分が世の中を変えられるのではないか?
そんな錯覚を持てる時代が好きで堪らなかったのです。
私もまた、若かったのですね。

『どうせ 変らない』と選挙へも行かない時代とは大違いな時代。
可能性を感じる時代だったのです。

今の世の中は 情報がとても多く。
より自分に大切な情報を見極めるのが大変な時代です。
情報を求め、右往左往している昔よりも
ずっと、危険で判断力を有する時代なのかもしれません。

愛犬にとって 良い情報も ここにこう書かれていた。
この方がこう言われた。
鵜呑みに実践するよりも。

我が子を見つめ、向き合い
自分にあった育て方 スタンス、楽しみ方を得て欲しいのです。
時々ご相談を受けお話をしますが
私の犬との関わり方は 私にとっては良いと思っても
他の方にとって当てはまるものではないと思うのです。
なのでお返事を 一度自己変換して お読みくださいね。

夜空にたくさんの輝く星があっても、
見上げなければ その星の美しさは解らないのと同じで

我が子の良いところも 見つけてあげなければ 埋もれてしまいます。

人間も動物も同じ。
良い部分、幸せを感じとる感性を持っていたいですね。
そう思いながら 日々精進です。

幸せを見つける心。大切ですね。

今日もお読み頂きありがとうございます。


[PR]
by eshop-sunday | 2014-04-14 10:44 | 犬の行動 しつけ

犬と話す

大型連休も過ぎてしまえば あっという間。
あれをしよう!これも片付けて。
そう頭で考えては、いたものの大した成果もない。
これ、連休最終日のいつものセリフです。

では、今年はいっそあきらめて?
本を読もうじゃないか!!※これも1つの学習と見なしてください(笑)

そこで選んだのは 犬と話すをテーマにした2冊。

まずは獣医師でもある 高江洲 薫先生の本。

実例と共にどうしたら犬の声を聞けるか?という本。
犬の最期に多く立会い、愛犬と飼い主さんとを繋いだ先生の言葉に
時に目頭が熱くなり、心にずんとくるものがあった一冊でした。
c0131616_2171230.jpg


ビオ・マガジン出版 Dr.高江洲のアニマル コミュニケーション(高江洲 薫 著書)
定価 1500円


そして、もう一冊は、
こちらは専用CD(話す為の睡眠誘導:ヒプノシス インストラクション)を使って
テレパシーを感じ取ろう・・・という本。
これは対話への雰囲気づくりから始まり。
質問の実例などが載っています。まさに『さぁ 話そう』的な対話へのHow toものです。
c0131616_217301.jpg

総合法令出版 犬と話せるようになるCDブック (鈴木 智美 著書)
定価1300円


真剣に犬と対話しようなんて 考えている私です。

目を見て、表情や態度でも 心の声は解るとは思っているけど
もしも、あなた達の声が もっと感じ取れたら
どんなにいいだろう・・・

家族はしら~としていますが
成せば成るかもしれないではないか!

話しかける言葉も答えやすい良い質問方法があると両方の本は同じ事を
言っています。さぁ、がんばるぞ!

信じる・信じないはあなた次第。
興味がありましたら 読んでみてください。

対話への成果が得られなくっても 愛犬を更にぎゅーっとしたくなる本でした。
[PR]
by eshop-sunday | 2012-05-08 08:00 | 愛犬の話

しつけについてのコメントがあり
ちょっとだけ 取り上げてみました。

尻尾を追ってくるくる回る行動にお困りとのこと。
規則的な同じ行動を繰り返すことを常同行動と言います。
これって 犬だけの言葉ではないです。
人間も犬も馬もライオンだって多くの生き物がなります。

動物園で檻の中で行ったり 来たり。
馬が体をゆらゆら揺らす行動を熊癖(ゆうへき)っていうんですがこれらも同じ。

ではこの行動の原因はなんだろう?って考えると
いくつか考えられます。

まずは単純なところから。
1、子犬の遊び (尻尾がおもちゃ)
母猫が 子猫を尻尾で遊ぶさまを私も自宅の猫で見ています。
この1人遊びバージョン。

2、身体的なもの
脳の機能障害 外傷によるもの。
肛門腺の溜まってる状態。炎症。
尻尾 性器 肛門周辺の病変(ノミや寄生虫のかゆみや炎症も含む)


3、ストレス(これが多い)
一時的なものでは シャンプーをすると爆走して行ったり来たり(ハニーですが・・・)
これは シャンプーがいや~~~のサイン。
足を拭くとクルクルって子もいます。
飼い主が出かける支度をすると始まる・・・などもこれにあたります。
心的に追い詰められた状況。居場所がない。何で怒られているか解らない。
飼育環境(近所の工事が始まったのを機にやりだした場合もあります)

4、以前 この行動をした時 飼い主さんが
やめなさい~ 駄目!と 怒ったり。
面白!と家族で笑ったりしたことを
自分に興味を示したと勘違いして 再び興味を引こうとしてやるパターン。

いずれにしても 問題行動がエスカレートして
尻尾を噛んで傷をつけたりなど 支障がでる前に生活を振り返る必要があります。

ストレスの場合は これはその子の行動を調べて見なければ解りません。
過度のしつけなども大きな要因にもなっています。
私もハニーを引き取った当初 叱ることの難しさを教えられました。
時には有効なので 全否定はしませんが叱るというのは、大変難しいです。
子育てでも共通していますが 怒ると叱るは違います。

こちらの不快な気持は 怒っても
『なぜ?怖い顔をするんだろう?』と完全には伝わらないのです。
問題の行動をやらせない努力も 飼い主には必要と私は思っています。
過度のしつけになってるかも。そう感じている場合は どうしたいのか?を
書き出してみましょう。
それは 自分の都合だけはないですか?

問題行動:口の中のものを取ろうとすると噛む・・・
どんな時 または状況:いけないものを口にて取る時唸る。
犬の気持ち:取られたくない気持ち。

犬の心も感じてみてください。
こんな風に原因も合わせて考えていくと
何かと交換して アウトとコマンドを言うなど 解決方法が見出せる場合もあります。
そして徐々に 交換の品を提供しなくてもアウトが出来るようにする
しつけのプログラムを書き換えられます♪


叱ることがストレスになっている場合をかいたので
ちょっと閑話休題。ハニーのお話を~

引き取った子ハニーは 問題行動の塊でした。
幸い 威嚇する子ではなかったので助かりましたが
手を上にあげるだけで目をつぶって 時に失禁をしていました。

トイレの躾は出来ていないのに なぜか?ツケのコマンドには忠実で 
何度も私の左足の横にぐぃぐぃ体を寄せたり 
ぴょんぴょん座り直しをていました。
完璧を強いられていたという証言なのです。同時にやればできる子と判明。

話を戻して~~

意味不明が続くと犬は落ち着かなくなったり。
萎縮したりします。
何かの拍子に自分が勝てると思ったら 威嚇行動にでることもあります。
そうなったら それを更に実力行使でねじ伏せるのでしょうか?
怒って怒ってのしつけだったら 悲しい記憶 つらい記憶にしかならないですね。
共に 残念ですよね・・・

ストレスは怒るばかりではありません。
自分の落ち着けるスペースがない場合もあります。
ここが安全地帯 シェルター的な ケージを用意するのも有効です。
小さいお子さんがいる家庭の場合は 『ここに入ったら 触らないでそーっとね』と
お約束させて 問題行動回避したケースもありました。

愛犬に自分のしつけが伝わってるかなぁ?
生活の中で 困ったことがあるのかなぁ?
常同行動は愛犬に心を添わせるチャンスと思ってください。

因みに4番目の間違った刷り込みは 無視で回避してください。
やめなさい~なんて声をかけると やったーとばかりにテンションあげ上げしてします。

我が家のひなさん。
ペットシーツが濡れたらケージの中で行ったり来たりします。
だから 問題行動だ!!ではなくって
『あっ この子 シーツが濡れていやなんだ!』って気づくことが
大切ということが伝われば幸いです。
楽しいペットライフを❤

へっぽこトリマーの経験談でした。
[PR]
by eshop-sunday | 2011-01-12 01:07 | 犬の行動 しつけ